MT4口座開設特集

MT4と一目均衡表

さて、テクニカルの中でも最も難しいと言われる一目均衡表についてです。MT4では、標準インジケーターとして「Ichimoku Kinko Hyo」がありますが、チャートにドラッグしてみて下さい。

一目均衡表は、一目山人(ペンネーム)という人が考案したテクニカルで、日々のローソク足と、転換線=(過去9日間の高値+安値)÷2、基準線=(過去26日間の高値+安値)÷2、先行スパン1={(転換値+基準値)÷2}を26日先にずらしたもの、先行スパン2={(過去52日間の高値+安値)÷2}を26日先にずらしたもの、遅行スパン=(本日の終値)を26日前にずらしたもの…から算出された値を線で繋いだものです。これらの数値は、インジケーターのプロパティ画面で変更可能です。

さて、これから何が読み取れるかというと、一般的に知られているのはまず、転換線と基準線のクロス。転換線が基準線を上抜けると上昇相場に転換。下抜けると下降相場に転換という見方。またこの場合、基準線の向きが重要視され、この向きが伴わない価格上昇(下降)は、だましのパターンと言われます。

また、先行スパン1と先行スパン2で挟まれた空間を「雲」と呼び、この雲自体がサポートやレジスタンスとして機能するという見方。雲より上に価格があれば、上昇相場。雲より下に価格があれば、下降相場。雲の中に価格がある場合、トレンド転換の予兆と言われます。また、先行スパン1と先行スパン2のクロスで、上昇の雲と下降の雲を見分ける方法もあります。

遅行スパンが価格を上回れば上昇相場に転換、下回れば下降相場に転換という見方もあります。大きな足で、これのみでトレードしている人もいるというくらい、あなどれない手法です。

そして、これらの条件が全て上昇パターンで揃った時が「三役好転」と言い、絶好の買いチャンスと言われます。逆は「三役暗転」で、絶好の売りチャンスです。しかし、この三役が完全に揃った時というのは、タイミング的に既に遅れていたりもします。その場合、やはり上位足のトレンドや他のテクニカルなどと組み合わせて判断する事になります。

一目均衡表は、時間論や波動論など、もっと奥深い見方があるうようなのですが、これを本当に理解している人は、日本にも数えるほどしかいないと言われます。しかし、雲や先行スパンの生かし方次第で、十分勝てるトレードをしている投資家がいるのも確かなのです。まずは基本からマスターしていき、自分に合うパラメータや組み合わせなどで、売買シグナルを発展させていければ良いでしょう。

MT4口座開設特集!国内人気NO.1業者はコレだ!

    サービス名 スプレッド
FXトレードフィナンシャル ドル円0.8pip
Forex.com ドル円1.3〜1.7pip
アヴァトレードMT4 ドル円1.2pip
>> 各業者の詳細もチェックしてみる <<



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 MT4口座開設特集 All Rights Reserved.