MT4口座開設特集

MT4とフィボナッチ

フィボナッチ係数というものがあります。12世紀頃にイタリアの数学者、レオナルド・フィボナッチが導き出したもので、自然界の法則、黄金率とも言われる割合です。どの項もその前の2つの項の和になるF(n+2)=F(n+1)+F(n)で定義される数列をフィボナッチ数列と言い、これは0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, …と続きます。植物の葉のつき方や、花びらの数や、ミツバチの家系など、自然界の様々なものや、大昔の建築物に、このフィボナッチ数が出現すると言われます。この割合が、FXでも「フィボナッチ・リトレースメント」という手法として使えるというものです。

フィボナッチ・リトレースメントとは、フィボナッチ数列を使って、上げ幅、下げ幅を予測するという、他とは少々違ったテクニカル分析法です。例えば、「上昇トレンドから下落に転じているが、この下落がどのあたりまで続くのか予測したい」という時に使います。相場では、フィボナッチに関連した0.318倍、0.500倍、0.618倍、1.618倍などが使われます。そして、この数値の近くでは、相場が転換する事が多いのです。そして、そのフィボナッチのラインを一度抜けると、今度はそこがサポートラインとして機能し、更にそこを抜けたら、ダウントレンド再開という風に見る事が出来ます。面白いですね。

でも、いちいちフィボナッチを計算していたら、相場に乗り遅れますし、面倒ですよね…。しかしMT4には、フィボナッチを自動で計算して、ラインを描画してくれるツールやインジケーターがありますので、全く面倒な事はありません。

では、そのMT4のツールを使用して、フィボナッチラインを引いてみましょう。まず、ツールバーから、フィボナッチリトレースメント(Fの文字にラインが描かれているボタン)をクリックして下さい。そして、始点とする高値、安値からドラッグして、最安値(最高値)の場所まで線を引っ張って、そこで止めます。そうすると、高値を100、安値を0として、38.2%、50%、61.8%の部分が戻りの目安となります。強いトレンドの戻しの場合は38.2%、弱いトレンドの戻しの場合は61.8%まで見て下さい。また、始点となる場所を見誤るとフィボナッチが機能しませんので、線の引き方はある程度練習が必要です。

少々難しいと感じるかもしれませんが、「どこまで戻るか?」という目安が立てられるのは、トレードをする上では、押し目の判断に使えたり、利食いの場所であったり、とにかく非常に便利なのです。是非使えるようになっておきましょう。

MT4口座開設特集!国内人気NO.1業者はコレだ!

    サービス名 スプレッド
FXトレードフィナンシャル ドル円0.8pip
Forex.com ドル円1.3〜1.7pip
アヴァトレードMT4 ドル円1.2pip
>> 各業者の詳細もチェックしてみる <<



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 MT4口座開設特集 All Rights Reserved.