MT4口座開設特集

MT4とボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、移動平均線と、それから上下にどれぐらい離れているのかを示す「標準偏差」(1σ、2σ、3σ)で構成されたテクニカル指標です。ボリンジャーバンドは、ジョン・ボリンジャーという人が開発したもので、彼自身もボリンジャーバンドについての解説本などを書いているのですが、非常に使い方が様々で、使いこなすのが難しいと言われています。

まずは、チャートにボリンジャーバンドを表示させてみましょう。ナビゲーターウィンドウ内に、「Bollinger bands」がありますね。それをドラッグして下さい。ひとつのボリンジャーバンドで表示される偏差はひとつだけですので、1σ、2σ、3σの全てを表示させたい場合は、面倒ですが、何度もボリンジャーバンドをドラッグしてきて、プロパティ画面の「偏差」というところを書き換えながら表示させてください。

まず、皆さんが一番最初に知るのは、為替レートは1σ内に68%、2σ内に95%、3σ内に99%収まるので、そこで反発しやすいという見方だと思います。特に、2σ、3σでは反発する確率が高いのではないかと言われます。確かに、反発しやすいです。これだけで利益が出る事も多々あります。しかし、この見方だけでは勝てないのです。

それは、ボリンジャーバンドのもうひとつの見方にあります。バンドウォークというものです。これは、価格がバンドを伝うように移動するというものです。逆の事を言っていますよね。しかし、これらは両方が正解なのです。レンジ相場では、2σ、3σからの反発を狙ってよいのですが、一旦トレンドが始まると、価格がバンドウォークを始めてしまい、2σ、3σから逆張りをしていた場合はあっという間に持って行かれてしまうのです。そういった時にチャートを見てみますと、レートと共に、ボリンジャーバンドが広がっていっているのが分かります。2σ内に95%、3σ内に99%収まると言っても、肝心のバンドが伸び縮みするのですから、単純に逆張りしていたら大怪我をするのは分かりますね。ですから、今がどういう相場なのか?を、他のテクニカルなり、上位の時間足を見るなどして判断して、使わなければいけません。

MT4標準のボリンジャーバンドは、バンドの表示のみですが、バンドにタッチすると音で知らせてくれたり、フィボナッチの数値を偏差に組み込んだカスタムインジケーターも存在します。なかなか面白いですので、是非色々探してみて下さい。

MT4口座開設特集!国内人気NO.1業者はコレだ!

    サービス名 スプレッド
FXトレードフィナンシャル ドル円0.8pip
Forex.com ドル円1.3〜1.7pip
アヴァトレードMT4 ドル円1.2pip
>> 各業者の詳細もチェックしてみる <<



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 MT4口座開設特集 All Rights Reserved.