MT4口座開設特集

MT4とMT5の違いは?

MT5(Meta Trader5/メタトレーダー5)は、日本を含めた世界のトレーダーから今もなお支持を得ているMT4の新バージョンで、2011年に配布されました。「MT4とMT5の違い」について解説します。

MT4よりも向上したポイントは次のとおりです。「MT5はMT4よりも使えるタイムフレームが増えました。」MT4で使うことができるタイムフレームは「1(1分足)、M5(5分足)、M15(15分足)、M30(30分足)、H1(1時間足)、H4(4時間足)、D1(1時間足)、W1(週足)、MN(月足)」の9フレームでしたが、さらに「M2(2分足)、8H(8時間足)」の2フレームが使えるようになりました。また、MT5では、MT4ではできなかった「ナビゲーターウィンドウにフォルダを追加すること」が可能になりました。これにより、indicator(インジケーター)を整理しやすくなりました。

MT4よりも向上が見受けられるのは、この2点につきます。その反面、MT4よりも使い勝手が悪くなったポイントを説明します。

「MT4で利用できたバックテストができなくなったこと。」「MT4で利用できたindicator(インジケーター)やEA(エキスパートアドバイザー)が使用できなくなったこと。」「ポジションを複数取ると通貨ペア毎に合計されてしまうこと。また、ポジションを追加してみても、そのポジションを個別に扱えなくなったこと。」「MT4と比較してMT5ではメモリの消費量が増大したこと。」「売値と買値を表示するBidとAskのような予約変数が使用できなくなったこと。」「チャートで始値(Open[0]),高値(High[0]),低値(Low[0]),終値(Close[0])が使用できなくなったこと。」「MQ4ファイルからEX4ファイルへのコンパイル処理に時間がかかるようになったこと。」「フィボナッチ・リトレースメントを使用した際、MT4でのライン表示と異なるため、慣れるまでは使いづらいこと。」などです。

MT5が配布されてから数年が経過しましたが、現時点ではMT4より利便性において、特別に優れているところはありません。また、MT4で利用できたindicatorやEAが使用できなかったり、ポジションの取り扱い方法が変更されたりと互換性に乏しいため、MT4を利用しているファンドやFX業者もMT5への移行対応を見送っています。また、MT4とMT5の配布元であるMetaQuote社も定期的にMT4のバージョンアップを実施しており、MT4のサポートをすぐに中止することはないでしょう。

MT4口座開設特集!国内人気NO.1業者はコレだ!

    サービス名 スプレッド
FXトレードフィナンシャル ドル円0.8pip
Forex.com ドル円1.3〜1.7pip
アヴァトレードMT4 ドル円1.2pip
>> 各業者の詳細もチェックしてみる <<



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 MT4口座開設特集 All Rights Reserved.