MT4口座開設特集

MT4の使い方

MT4をインストールしたら、次は、基本的な使い方をマスターしておきましょう。

まず、MT4を起動します。ショートカットが出来ているはずですから、そこをクリックします。

MT4の画面が出たら、リアル口座の場合はログインIDとパスワードを入力してログインします。デモ口座の場合はデモ申請をします。デモ口座申請の画面に個人情報を英語で入力します。「貴社からのニュースレター受取に同意します」のチェックボックスに必ずチェックを入れて下さい。そして「次へ」を押すと、取引用サーバーの選択画面になります。この中からひとつを選んで「scan」を押します。無事スキャンが終わったら「次へ」。次の画面で登録処理が終わったら「完了」を押して、設定終了です。

すると、チャート画面がアクティブになりますね。これでMT4を自由に使えます。

まず、チャートの設定についてです。チャートは幾つか表示されていると思いますが、自分の好きな通貨、時間足のチャートを表示させましょう。メニューバーの「ファイル」→「新規チャート」と選んで下さい。すると、通貨ペアを選択できるリストが出てきますので、更にそこから選ぶと、お好きな通貨ペアのチャートが出てきます。最初は1時間足で出てくると思いますので、他の時間足にしたい時は、メニューバーを見て下さい。「M1、M5、M15…MN」と並んだ四角いボタンがありますね。そこを押せば、変更できます。時計のマークをクリックしても可能です。また、最初は1本1本の足が小さくて見づらいかと思いますが、+と−の印が付いた虫眼鏡のマークをクリックすれば、拡大・縮小出来ます。これは、チャート上で右クリックしても出てきます。また、ここで「オプション」を選ぶと、チャートの背景色やローソク足、各ラインの色の変更なども出来ます。

そして、実際の使い方についてです。まずはメニューバーの「Navigator」を押すと、沢山のインジケータが表示されます。この中から好きなものを選んで、チャートにドラッグすれば、インジケータを表示できます。1つのチャート内に、複数のインジケータを表示する事が出来ますので、まずは色々と表示させてみて下さい。インジケータの設定前には、パラメータ設定画面が出るものがあります。独自の設定が必要な人はここで出来ます。表示後でも、インジケータを直接右クリックし、プロパティを選ぶと、同じ画面が出てきます。

そして!のマークのボタンを押すと、MetaEditorが起動します。オリジナルのインジケータやEAを作りたい人は、このエディタを使ってプログラミングをします。

基本の使い方をざっと説明しましたが、とにかく沢山触って慣れる事が一番です。頑張って下さい!分からない場合は、国内でMT4を扱っている業者も幾つかありますので、そこで口座開設して、カスタマーサポートを利用するのも良い方法です。親切に教えてくれますよ。

MT4口座開設特集!国内人気NO.1業者はコレだ!

    サービス名 スプレッド
FXトレードフィナンシャル ドル円0.8pip
Forex.com ドル円1.3〜1.7pip
アヴァトレードMT4 ドル円1.2pip
>> 各業者の詳細もチェックしてみる <<



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 MT4口座開設特集 All Rights Reserved.