MT4口座開設特集

初心者はここから始めよう

MT4初心者の人向けに、分かりやすく、各項目の説明を書いてみました。「このメニューは何?」「このボタンは何をするもの?」といった事でつまづいて先に進めない時、どうか参考にして下さい。MT4の操作でよく使う「メニューバー」の項目の順に、ひとつずつ説明していきたいと思います。

「ファイル」…ここは、新規チャートの作成やデモ申請など、MT4の中心的な部分で、全体の管理をします。オフラインチャートの選択・表示(オフラインチャート)、過去に一度表示したチャートの選択、表示(チャートの再表示)、チャートをグループ化して保存(チャートの組表示)、チャートを画像として保存したり(画像として保存)が可能です。印刷設定もここで出来ます。

「表示」…画面の表示設定が主。言語設定(Languages)や、ポジションや口座の情報を管理するターミナルウィンドウの表示(ターミナル)、インジケータが一覧表示・使用出来るナビゲーターの表示(ナビゲータ)、バックテストが出来るストラテジーテスターの表示(Strategy Tester)などです。

「挿入」…チャートにインジケータを追加したり(罫線分析ツール)、ある数値に基づいた計算値を出すツールを表示させたり(チャネル・ギャン・フィボナッチ)、罫線を引いたり(ライン)、図形の描画(図形・矢印類)をしたり、メモを書き込んだり(テキスト・テキストラベル)と、チャート分析に役立つ様々なものを描画出来ます。

「チャート」…基本的なチャートの設定は、ここで殆ど出来ます。チャートの時間足の変更、ローソク足、バーチャート、ラインチャートなどチャートの種類の変更、ズームイン・ズームアウト、グリッドの表示・非表示。出来高の表示・非表示。チャートのスクロール方法などが出来ます。また、チャートの色変更が出来るプロパティは、ここから出す事も出来ます。

「ツール」…ここから、実際に注文を出す事が出来ます。また、MetaEditorの表示や、ヒストリーセンター(データセンター)へのアクセスも出来ます。また、ここからオプション画面を表示させれば、サーバーの設定、アラームを送信するための音声やEメールの設定なども出来ます。

「ウィンドウ」…画面上のチャートのレイアウトを調整出来ます。ここから新規チャートを開く事も出来るようです。

「ヘルプ」…MetaTrader4のヘルプです。英語表記となっています。英語が苦手な人で、どうしても読みたい項目がある場合は、翻訳ソフトで翻訳してみるという手があります。どうしても分からない場合は、MT4を採用している業者で口座開設をすれば、その業者のカスタマーサポートを利用する事が出来ますので、そこで聞いてみるのも良いでしょう。

MT4口座開設特集!国内人気NO.1業者はコレだ!

    サービス名 スプレッド
FXトレードフィナンシャル ドル円0.8pip
Forex.com ドル円1.3〜1.7pip
アヴァトレードMT4 ドル円1.2pip
>> 各業者の詳細もチェックしてみる <<



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 MT4口座開設特集 All Rights Reserved.