MT4口座開設特集

EAの作り方

では、さっそくEAを作ってみましょう。大きな流れとしては、まず、 MetaTrader4のMeta Editor を立ち上げ、名前を付け、そしてEAのプログラムを書き、最後にCompileをしてエラーがなければ完成です。

少し詳しく見てみましょう。MT4をインストールすると、EAを作る為の「Meta Editor」というソフトも同時にインストールされています。MT4を起動し、Navigatorの「Expert Advisors」を右クリックすると、Meta Editor が起動され、新規作成メニューが立ち上がります。メニューバーの「!」マークをクリックして立ち上げ、 Meta Editorのメニューバーから「新規作成」クリックでも、新規作成メニューが立ち上がります。

新規作成メニューでは、まず、どんなプログラムを作成するのかを選択します。ここでは「Expert Advisor」を選び、「Name」にはプログラム名を入力します。どんなEAだか分かるような名前にしておくと良いです。とりあえず、ここまでで「完了」を押して下さい。新規EA作成画面が立ち上がるはずです。

さて、いよいよプログラミングです。以下は、「1本前の終値が移動平均より上ならば買いポジションを持つ。1本前の終値が移動平均より下ならば決済する」というEAのプログラムです。

// まず、移動平均線のインジケーターを変数maに取り込みます。

double ma ;

ma = iMA(NULL, 0, 10, 0, MODE_SMA, PRICE_CLOSE, 1);

//注文前に、現在保持しているポジションがないかを確認します。

if(OrdersTotal() < 1)

{

//ポジションがない場合の処理

//(売買条件)もし1本前の終値が移動平均より上ならば

if(Close[1] >ma)

{

//(→条件を満たした場合の処理)買いポジションを0.1ロット取ります。

OrderSend(Symbol(), OP_BUY, 0.1, Ask, 3, 0, 0, "Buy", 10, 0, Blue);

}

}

// 既存のポジションがある場合は、何もしない。

else

{

//ポジションのデータを取得します。

OrderSelect(0, SELECT_BY_POS);

//(決済条件)もし1本前の終値が移動平均より下ならば

if(Close[1] < ma)

{

//(→条件を満たした場合の処理)持っている買いポジションを決済します。

OrderClose(OrderTicket(), OrderLots(), Bid, 3, Green);

}

}

といった具合です。基本はこの形になります。メニューバーの「Compile」を押して下さい。何もエラーがなければ、完成です。EAは、色々な条件が増えるに従って複雑なプログラムになっていきます。ひとつずつ、頑張って習得してみて下さい。「こんなの無理だ!」と思った人は、セブンインベスターズの「EA Generator」を使えば簡単に作れますので、是非試してみて下さい。

MT4口座開設特集!国内人気NO.1業者はコレだ!

    サービス名 スプレッド
FXトレードフィナンシャル ドル円0.8pip
Forex.com ドル円1.3〜1.7pip
アヴァトレードMT4 ドル円1.2pip
>> 各業者の詳細もチェックしてみる <<



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2015 MT4口座開設特集 All Rights Reserved.